朝起きれない人へのアドバイス朝起きれない人へのアドバイスについて

朝起きれないをなくす!目覚めがよくなる方法

朝ふと目覚めたら起きるはずの時間を過ぎていて焦ってしまった、という経験をしたことがある人はたくさんいると思います。

目覚まし時計をかけていたのに気付かなかった、あと5分だけと思ったら寝過ごしてしまったなどということは誰にでもある事です。

私には乳児がいるので夜中も何度か授乳をしなくてはいけません。

寝不足が続き、毎朝起きれない状態です。

布団の中はとても気持ちよくて幸せですよね。

でも朝起きれない為に仕事や学校に遅刻をしてしまっては大変ですよね。

朝きちんと起きることができるように眠りの質を見直すことが必要です。

睡眠は浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠から成り立っています。

このレム睡眠とノンレム睡眠の長さや深さによって体内リズムが整うのですが、寝る直前までテレビや携帯電話を見たりカフェインが入った飲み物を飲むことによって睡眠の質が下がってしまいます。

すると疲れが取れない、集中力がなくなるといったことが起こり目覚めも悪くなります。

普段何気なくしている行動が朝起きれない原因になっているのですね。

朝起きれない原因が分かったところで、次は睡眠の質を上げる方法です。

質の高い睡眠を取るためにはリラックスした状態で眠りにつき、かつ寝ている時の環境も整える必要があります。

リラックスするためには寝る前にぬるま湯程度のお湯で半身浴をする、温かい牛乳を飲むなどします。

寝る前に頭を使うことやパソコンなどを見てしまうと、身体に刺激を与えることになってしまいリラックスできません。

また寝ている時の環境を整えるため室温や湿度を調整し、音が聞こえないよう睡眠グッズなどを使い静かな状態を作り出しましょう。

身体に合った寝具を選ぶことも大切です。

きちんと寝返りができない、枕の高さが合っていないなど身体に合わない寝具を使うと腰痛などの原因になります。

最近は眠りの質を考えた寝具専門店もたくさんありますので、相談するといいですね。

朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びる、食事や朝起きる時間を毎日同じにすることで体内リズムも整います。

朝起きれない人でもこのサイトを見れば、ビシッと起きれると思います。

目覚められない?朝起きれないのにはこんな理由が

睡眠の仕組みを理解して質の高い眠りを手に入れたいですね。